ファッションビル研究所

2011年04月10日(日曜日) #134.現状のテレビはくるった時計に似ている。観ない事を奨励。

間違った情報を知ることは、知らないことより酷いこと。
最近テレビを見ていて切実に感じる。めでたいバラエティ満載の。
さすがに錯覚してしまう。日本国内は平穏・平和なのかと。。
今回の事象は、最高に重たく捉えるべき。マスメディア側がどれだけの影響を与えているのか、自覚していないかのような編成内容に、今更嘆きなども出てこない。
生きる事とビジネスをする事の優先順位が簡単に入れ替わってしまっているニュースもちらほら目撃。これらを見ていると人命の重たさが次第に軽くなっていくのが分かる。
テレビはネットのように自分から情報を取りにいくものではないので、非常に厄介。
これもそれも全てはテレビ報道のエンターテインメント化が元凶。割愛。。
これから5年10年を見据えてみると、さらに情報がモノを言う事になるだろう。本物の情報を得ることが出来るかどうかで。。