ファッションビル研究所

2012年01月01日(日曜日) #144.「情報は価格の要素を上回る…」

あけましておめでとうございます。

このサイトを始めたのは丁度八年前の今日。
正直、いつの間にか…という感じです。

八年で自分がどれだけ成長したかはともかく、社会環境の変化によって消費者行動は驚くほど変わりました。

この八年で強く感じた事があります。
「情報は価格の要素を上回る…」という事です。
これは、「この商品は安い…」では無く、「他の商品より幾ら安い…」と見られてしまうという事です。
消費者は他と比較することばかりに気を取られて、レビューなどで一見製品などに対する、いわゆる”見る目”が有るように見えるのですが、本質を見失い、消費者の眼力が無くなりつつあると考えています。

これは日本だけの傾向ではありません。

”無茶なこじ付け”と取られるかもしれませんが、百貨店を見てみてください。
10年前より衣料品の品質は上がっているでしょうか?

これからも益々、情報戦になることは当たり前で、「サイトを見に来てもらう」のではなく、SNSのように「情報を流す」というスタンスがスタンダード。

今年も、他とはちょっと違った視点でこのコラムを執筆できればと考えております。
よろしくお願い致します。

ファッションビル研究所 所長